海外でどう過ごすか

<シミュレーション①>夫が一週間不在!体調もイマイチ!海外在住パニック障害ママが1週間をどう乗り切るか

更新日:

準備編

夫と

夫に「自身に何かあった場合(発作も含め)どうすればいいか」相談しておく
⇒各海外拠点には帯同家族のケアをしてくれるスタッフの方がいる場合もあります。連絡先を控えておきましょう。

友人と

親しい友人には「夫が出張、万が一体調を崩した場合子供の世話を助けてくれないか」と依頼
⇒これは普段からの関係構築が必要で、自身の病気についてどこまで話しておくか?と悩んでしまう点かと思います。私がとある方にパニック障害について打ち明けた際は、「私も駐在がはじまって半年くらい経ったとき、ヤバイ時があった」と共感をもって話してくれました。そのような経験もあって、個人的には、オープンにすれば周囲がサポートの手を差し伸べてくれると思います。

メイドさんと

メイドさん(いる場合)にはフルでシフトに入ってもらう
⇒夫不在中は、メイドさんにできるだけ長時間(子供が寝る前まで)家にいてもらう。我が家は特別ボーナスを支給してでも土日含めいてもらえたらいいな、と考えています。家事はできるだけメイドさんにおまかせして、それでも暇そうだったら寝ていてもらってもいいでしょう。とりあえず、「誰かいる」ことが安心につながります。

メイドさん

日本の家族と

日本にいる家族にも夫の不在を伝える
⇒私は不安時に誰かと話していると安心するので、「体調不良時には急にスカイプするかもしれない」と伝えています。

当日編

体調不良への対策

・体調不良には早め早めの対策を
⇒体調が悪い(きょうは気分が沈みがち、頭痛がする、胃腸の調子が悪い、生理、PMS期・・・など)と感じた場合、処方されている薬があればしっかり飲みましょう。もし、頓服があるなら夫の不在期間は予防として早めに飲んでおいたほうがいいかもしれません。さらに、お住まいの国に通院できるクリニックがある場合は夫不在週に診察の予約を入れておくといいかも。(通院の予定があるとちょっと安心するので)

子供がいない時間帯はしっかり休養を

子供が家に入る時間はどうしても体力・気力を使います。子供が学校に行っている時間や、ナニーさんに任せることができる時間があれば軽いストレッチをしてゆっくり休みましょう。スマホはNGです。

予定は避ける

夫が不在の期間は、それが必須でない限り、外出の予定は避けたほうがいいかもしれません。たとえば、子供の習い事の付き添い。少しでも「ちょっと面倒だな、不安だな」と感じているのであれば、家でのんびりする方がいいでしょう。1週間塾を休んだって、ジンボリーに連れていかなくたって、子供に与える悪影響なんてありません。

食事を作る気力が無いときは半調理品や調理家電・デリバリーを活用

-海外でどう過ごすか

Copyright© 駐妻のメンタルクライシス , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.