病院と薬

まずは休養を

怪我とは異なり、メンタルの病は見た目にわからない。しかし、あなたの心と身体はパワーが尽きそうになっています。なにはともあれ、睡眠をとってください。睡眠はあなたの体と心(脳)を癒してくれます。

柔らかい照明のなかでゆっくりお風呂に入り、スマホはできるだけ使わない。夜寝ることはもちろん、眠たければ、昼間でも夕方でも寝ていいと思います。抑うつ状態が進行すると、睡眠障害が現れ、疲れているのに眠ることができなくなります。そんなときでも目をつむって外部の情報をシャットダウンし、心と身体を休めてください。

わたしは不調なとき1週間近くほぼ横になってすごします・・・・焦りはありますが、結局これが最善で最短の解決方法だと個人的には思います。

病院を探してみよう

あなたが住んでいる国には、メンタルの悩みを相談できる病院はありますか?
可能であれば帰国をして通院することをおススメしますが、
海外では、下記の病院で精神科の治療を受けられるそうです。
(情報は随時更新します)

シンガポール

シンガポール日本人会クリニック>

シンガポールは日本人向けクリニックに心療内科があるんですね・・・うらやましい!

<ラッフルズジャパニーズクリニック>

心理士さんとのカウンセリング・セラピーセッション等が受けられるとのこと。薬物処方については不明です。

タイ・バンコク
<バムルンラードインターナショナル>
Sleep Lab
睡眠障害相談

※睡眠障害相談ですが、うつやパニック障害などメンタルの不調には睡眠障害が伴う場合も多いのでこちらに挙げさせてもらいました。

<サミティベート病院>


日本人相談窓口の電話番号 020−222−122

インドネシア・ジャカルタ

<J-CLINIC PONDOK INDAH (ジェイクリニック・ポンドックインダ本院)>

J-クリニック経由でポンドックインダ病院の精神科を受診できたのとの情報あり。

クアラルンプール

<Hibari Clinic>

遠隔メンタルケアサービス
心のケアも健康管理の一つ・ひばりクリニックでは、インターネット回線を介しローカル医師・日本人精神科医・日本人カウンセラーのチーム医療体制による遠隔メンタルケアサービスを行っております・・・とのこと。

ベトナム・ハノイ

<東京インターナショナルクリニック>

メンタルヘルス疾患対応の日本人医師のほか、月に一回日本から心理カウンセラーが来るとのこと。

<アスクドクター(有料)>

オンラインで医師に相談できるサイトです。症状や薬の名前から、他ユーザーの質問も閲覧することができます。

もちろん薬の処方はできませんが、「この症状ってどうなの?」とか、薬の飲みはじめに「これって副作用?大丈夫かな?」と心配になることってありますよね。そんなとき、このサイトに書き込んでお医者さんの回答をいただくととても安心できました。回答が早いのもありがたいです!

オンライン治療については下記ページをご参照ください。

海外で日本の精神科・心療内科を受診することって可能なの?

投薬治療について

レクサプロ/SSRIとは?

うつやパニック障害をはじめとするメンタル疾患の解決に重要となってくるのが「投薬治療」。私は当初、投薬なしでの治療を試みましたが挫折・・・その後投薬、減薬、断薬を複数回経験しています。

レクサプロと副作用・3回の経験から

海外生活を送りながらの治療

半年後に渡航予定の私ですが、最近体調を崩したこともあり、抗不安薬とSSRIを服用している状態です。海外に行く以上、これまでのような定期的な通院が難しい場合が多いので、主治医と相談し対策を取っていくことにしました。

メンタル疾患の治療で使われることの多い向精神薬を持って出国・入国する手続きについては以下にまとめています。

<随時更新>駐在先に薬を持っていく方法って?

英文薬剤携行証明書の作成をお願いしてみた

関連リンク

更新日:

Copyright© 駐妻のメンタルクライシス , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.